本会の活動

  1. 四日市歯科医師会ホーム>
  2. 本会の活動>
  3. 1歳半児・3歳児健診

1歳半児・3歳児健診

お子さんの歯の健康を守るため、1歳半・3歳児の健診(朝日町、川越町、菰野町では2歳半の歯科検診があります)を行っています。健診は、お住まいの地域ごとに四日市保健センター、朝日町保健福祉センター、川越いきいきセンター、菰野町保健福祉センターけやきで行われています。案内が届きましたら、ぜひ参加してください。健診時には日々感じていらっしゃる疑問やどうしたらよいのかといった質問等にもできる限りお答えしております。

1歳半児のお口の中ですが、子供の前歯(乳前歯)はもう生えていて奥歯(乳臼歯)が生えてくる時期です。お子さんによってはお口の中を見させてくれない、歯を磨かせてくれないといったご家庭もあるかと思います。また、すでにかかりつけの歯医者さんでむし歯のチェックや歯みがき指導、フッ素塗布など行っているご家庭もあるかと思います。早めに歯科医院に慣れておくことは、ご家族にとってもお子さんにとっても良いことだと思います。
この時期は、むし歯のある子は非常に少なく、むし歯が見つかるとすると単に歯磨きだけの問題ではないことがほとんどです。食習慣も含めた、その他の生活習慣に注意が必要です。
また、今後のお口の発育に悪影響を及ぼしかねない癖をみつけることも大事な時期になってきます。
大泣きしたりして健診を受けるのも大変だとは思いますが、大半のお子さんが初めて口の中を歯科医師に診てもらうという良い機会になっていると思います。

3歳なると、子供の歯(乳歯)が上下で20本、生えそろっていることが多いです。
お口の中の状態は、生活習慣などによってかなり違ってきます。良し悪しが、はっきりと現れてきます。悪い点のひとつは、むし歯です。
まだむし歯になっていなくても、歯磨き不足やひんぱんに甘い物などを飲んだり食べたりすることで、むし歯の一歩手前の状態になっている歯がたくさんあるお子さんもでてきます。もちろん、まったく問題のないお子さんもみえますが、1歳半に比べると食べるものの種類も増え、むし歯の状況に差が出てきています。
今の口の中の状態をしっかり確認していただき、次に大人の歯(永久歯)が生えてくるまでに、この時期からむし歯に対する早めの処置、予防をしておくことが、将来の口の中のトラブルを減らすために重要です。その足掛かりとしても、この時期の健診は大事な意味があります。