本会の活動

  1. 四日市歯科医師会ホーム>
  2. 本会の活動>
  3. さわやか歯科検診

さわやか歯科検診(歯周病検診)のお知らせ

口臭の原因、歯周病かも…令和2年度より、三重郡でもスタート!四日市市では、20歳と30歳も対象に!

四日市市と三重郡(朝日町・川越町・菰野町)では、健康増進法第19条の2に基づき、さわやか歯科検診(歯周病検診)が行われます。対象年齢は、40歳・50歳・60歳・70歳です。学校の歯科検診以降、40歳での歯周病検診まで検診がありませんので、歯科検診が途切れることがないように令和2年度より四日市市では20歳・30歳の方も対象となりました。

歯周病は、初期のうちは自覚症状の出にくい病気です。大切な歯を失わないよう検診をおすすめします。歯をみがくと歯ぐきから血が出る、歯ぐきが腫れる、口臭が気になる、歯がぐらぐらするなどの症状がある人や気になる人はこの機会にぜひお近くの実施歯科医院で検診をお受けください。検診では歯周病だけでなく、お口の中全体を確認しますので、ご自分で気が付いていない病気がみつかる機会になるかもしれません。

幼少期からのむし歯予防意識の高さから、むし歯のお子さんは本当に少なくなりました。むし歯になったことがないために歯科受診をしたことがない方もいるでしょう。また、20歳代の方は、歯周病なんて若い自分たちには関係ないと考えてしまうかもしれません。しかし、歯石もついていない健全な20歳前後の方は厚生労働省の統計では30%程度でしかありません。歯石は誰にでもつき、歯周病を引き起こす原因の一つとなります。歯石のつきやすさは個人差がありますが、一度ついてしまった歯石を自分で取り除くことは困難ですから歯科医院で定期的に歯石を取り除いてもらいましょう。


臨床歯周病学(医歯薬出版)より引用